電車
サイト紹介
駅のホーム

関西には多くの観光名所が存在しています。 大阪府の通天閣や大阪城、京都府には清水寺の神社仏閣、兵庫県神戸市の中華街、滋賀県は琵琶湖や彦根城、奈良県には可愛い鹿と大仏、和歌山県では白浜のアドベンチャーワールドなど、関西地方はどこへ行っても他の土地では見る事や体験する事ができないイベントで溢れかえっています。 ですが、メディアや旅行サイトなどで紹介されるスポットにだけではなく、知る人ぞ知る隠れた名所がたくさんあります。たくさんある中のいくつかは、関西地方の私鉄を利用して隠れた名所を巡る事ができます。「関西私鉄王国」と言われる程の私鉄の種類の豊富さがある鉄道に乗って隠れた名所に向かうまでにも、各私鉄の車両のデザインの違いに新鮮味を感じ、私鉄が走行するルートそれぞれから見える風景なども楽しむ事ができて、どこへ行くにも新しい発見がたくさん見つけられます。 また、ゴールデンウィークの大型連休などのお休みの日には、有名な観光スポットなどは様々な土地からたくさん人がやって来るので自分達のペースで楽しむ事が難しいです。ですが、隠れた名所などでは人混みを避けてゆったりデートや家族旅行が堪能できて自分達の時間を楽しむ事ができるでしょう。電車好きが満足する旅行プランを練るなら関西の私鉄等、電車に関する情報を掲載しているこちらのサイトを参考にしてみてください。

隠れた名所を見つけるコツ

家族や友人などの他の人には知られていない隠れた名所を見つけたくても、どうやって探せば良いかわからないという人はいるのではないでしょうか? 今ではテレビの情報番組や雑誌の情報誌などで様々なジャンルの名所が多く取り上げられています。その時にも隠れた穴場や秘境などとのキャッチフレーズでの紹介をしており、色々な人の目に触れられた反響でたくさんの人がやってきます。 発信された情報ではなく、自分から隠れた名所を発掘していく事も楽しいです。独自の方法で見つけられた時の達成感は心地よいものでしょう。 見つけ方には様々な方法があります。旅行に行く時にその土地の情報誌を購入する人などがいますが、ただパラパラとページをめくるだけでは隠れた名所を見つける事はできません。何冊かの旅行情報誌を読み比べ、気になるスポットについてインターネットで調べてみると、そこに行った事のある人が書いたコラムなどが出てくる事があります。そのコラムから隠れた名所を発見できるかもしれません。 また、各市町村の観光協会などに連絡をしてその土地のイベント情報や観光地の紹介パンフレットなどの資料を郵送で取り寄せる事も名所を見つけられる近道になります。観光協会側も地元に関心を持ってくれているので多くの資料を届けてくれます。他にも方法がありますが、想像以上にシンプルな方法で隠れた名所を見つける事ができます。探している中でコツを掴んでいき、たくさんの名所を発見できる事でしょう。

伊丹空港B滑走路端

伊丹空港B滑走路端

普段、旅行や会社の出張で利用される空港。大阪府豊中市にある大阪国際空港(伊丹空港)では、空港に向かう方法が梅田や難波の他にもいくつかの場所から伊丹空港行きのリムジンバスが運行していますが、大阪北部を走行している私鉄、大阪モノレールをぜひ利用していただきたいです。

高野山霊宝館

伊丹空港B滑走路端

和歌山県にある高野山霊宝館(こうやさんれいほうかん)は高野山の中にある博物館で約50000点が収蔵されており、収蔵されているものの中には国宝や重要文化財、そして和歌山県指定文化財が含まれています。

芦屋市立図書館打出分室

芦屋市立図書館打出分室

芦屋市立図書館打出分室は、大阪と神戸を走行している私鉄「阪神電気鉄道」で訪れる事ができます。 阪神電車とも呼ばれ親しまれており、阪神電気鉄道本線の打出(うちで)駅から北へ少し歩くと、閑静な街並みの中にたくさんのつたで覆われている洋風の建物があります。

アイセルシュラホール

アイセルシュラホール

私鉄の中で一番の線路の長さを誇る近鉄電車に揺られながら行く事ができる隠れた名所があります。 近鉄南大阪線の「藤井寺」駅から南方向へ歩くとすぐにある「アイセルシュラホール」です。

手塚治虫記念館

手塚治虫記念館

手塚治虫記念館は阪急電車の宝塚駅から訪れる事ができます。 手塚治虫は5歳から24歳まで兵庫の宝塚市で過ごしていました。後に手塚治虫は「自然が僕に漫画を描かせた」と言っており、その自然体験を宝塚市で体験し育ちました。 宝塚駅を降り、たくさんの花や木が植えられている素敵な道が造られている「花のみち」を通っていくと手塚治虫記念館にたどり着きます。

さかい利晶の杜

さかい利晶の杜

さかい利晶の杜は、阪堺線宿院駅から歩いて1分の場所にあります。 2015年3月20日にオープンしたばかりのまだまだ新しい施設です。 こちらの特徴は、堺市の文化を堺市民だけでなく多くの人に知ってもらうために建てられたもので、茶の湯を完成させたことで有名な千利休と「君死にたまふことなかれ」という詩が良く知られる歌人の与謝野晶子をメインにしています。